So-net無料ブログ作成
オートストップ ブログトップ

難しい・・・まじ難しい・・・ [オートストップ]

複数条件タイプのオートログ・・・

めっちゃ頑張って作っているのですが・・・


マジで難しいです[たらーっ(汗)]

何で思い通りに動かないんだろう(>_<)

と思って、プログラム内の変数(フラグにしている数字)の動きをリアルタイムで分かるように、画面上に表示されるようにしたりして、調べていたのですが・・・

やっと原因が分かりました^^;


根本的にやり方が間違っていた・・・・ということが分かりまして^^;
ちょっと凹んでいます(-_-)

まぁ原因が分かったのですから進歩ですが・・・一ヶ月ほどかけて作り上げてきたものが根本から間違っていたというのは、地味に痛いです・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ってか、もっと早く気づけよオレ!!!!



ふーーーーーーーーー・・・・

まぁ過ぎたことは仕方がないです[たらーっ(汗)]

使っているプログラム言語がC++やC#などなら・・・VisualStudioとか高機能な無料コードエディターを使が使えて、変数の確認とかも簡単なんですが・・・
taroが使っている言語はマイナーなんで、そういうのが無いんですよね。

一応はテキストエディター使って、命令文の入力間違いとかが出にくいようにはしているのですが、コードの中の変数の動きまでは分かりません(>_<)

マイナー言語の辛いところですが・・・この言語じゃないとtaroのプログラミング技術ではオートログは不可能なので、今後もこの言語で頑張ります。


で・・・不具合の出ていたコードを削りまくって、簡易的に試作プログラムを作りました。

試作の複数条件設定オートログ(何とか動くぞバージョン)を動かしてみて・・・

今度も、「あれ??」ってところがいくつか出てきました。

エクセルの回転数と条件設定の回転数がズレていく・・・・なぜじゃ(@_@;)

うーーーーーーーーーん[たらーっ(汗)]
何じゃろか~
どこがいけないんじゃ~

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

あ・・・やらかしてる??

  ・

  ・

  ・

う・・・うむむ・・・原因は分かりました・・・
致命的ではないけど・・・そうか・・・複数にするとズレるわけや・・・

次回のバージョンアップでエクセルの表も直します[たらーっ(汗)]


そんなわけで、今のオートログのコードとエクセルもちょっと修正することにします。

なので告知してたバージョンアップ・・・ちょっと先になりますm(__)m

over用も・・・これを変えると・・・動きどないなるんやろか[あせあせ(飛び散る汗)]

色々と実験しないといけないみたいです。




それにしても・・・プログラムって深い・・・

そして面白いです(^^)

本職の人はもっとシンプルで綺麗なコードを書いているのだと思いますが・・・
しかし、綺麗なコードでないとプログラムが動かないわけではありません。

コンピューターが理解してくれれば、プログラムは動きます。

極端な話、小学生でも分かるような簡単な言葉の積み重ねでお願いするのも、大学教授が専門用語満載の言葉で簡潔に指示するのも同じ結果になります。
※ただし、速度に違いは出ますが^^;

taroは前者のような感じでプログラムを組んでいます。
それでもあれぐらいのオートログは出来ます(^^)
そう・・・誰でも時間さえあれば出来ます!

taroは収入に余裕が出来て、時間に余裕が出来たら・・・プログラムを本格的に勉強したいです[わーい(嬉しい顔)]

以上、今回はここまで[exclamation×2]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

色々と挑戦中(≧▽≦) [オートストップ]

ちょっと間が空いてしまいました(≧▽≦)

もう4月後半戦になってしまいましたね。
ほんとあっという間に時間が過ぎていきます。



ここ最近、ほんと色々と頑張ってプログラムを組んでいました。

オッさんのtaroからすると、今までと同じように高い高~~~いハードルを超えねばならぬことに挑戦してまして・・・
今回はこれまでと同等・・・いやそれ以上のハードな挑戦でございました^^;
何か毎回こんなこと言ってますが、プログラムって・・・何でこんなに分かりにくいんやろ・・・
日本語のプログラミング言語って誰か考えてくれんかな~



で・・・「ございました」と過去形で表現していますので、何とかある程度の形になりました(≧▽≦)

ここまでくるのに・・・どんだけ時間かかったことやろ[たらーっ(汗)]

こんな感じの画面です↓
image_autostop_coditionset.png

いわゆるフォームというやつです。

この画面を作るために、HTMLやらCSSやら・・・また違う言語の勉強が必要で・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

taroの使うスクリプト言語では、一つの選択肢の画面を作ることは出来るのですが、一つの画面にまとめて複数の選択肢を作ろうとすると・・・
HTMLでフォームを作って・・・ってことをしないと実現できません。
HTMLっていうのは聞いたことがある人もいると思うのですが、いわゆるインターネットのホームページを作るための言語です。
プログラム言語というような感じではなく文章の段落やレイアウトやらを設定するためのもので、条件分岐やら繰り返しのような普通のプログラム言語とは違います。(少なくともtaroからすると他と全く互換性がない言語[たらーっ(汗)]
ちなみにCSSはHTMLで書いた文章の肉付けをするための言語です。
文字を太くして強調したり、色を変えたり、枠線の設定したり・・・これも普通のプログラム言語と違ってます[ふらふら]

そんなわけなので、1年間頑張って勉強してきたプログラム言語以外の言語も勉強しつつ・・・
さらに、今使っているスクリプト言語でフォームを操作する方法も勉強しつつ・・・という感じで新しいことだらけのことを頑張ってました。

もうね・・・

オッさんになると、頭固いからなかなか理解が追いつかないのよ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
もっと若いころ・・・もっと早くに勉強してりゃ~良かったなぁ~と、今更ながらに悔んでおります(>_<)


で・・・
さっきの画面ですが、何をしようとしているかというと、

複数の条件を設定できるオートストップの開発です。

つまり、複数のオートストップを連動させて動かせるプログラムです。

例をあげてみると・・・
1番目の条件・・・150回転以上のハマリで当たった
 ↓
2番目の条件・・・1番目に当たった出目が100回転以上で当たった。
 ↓
ストップ

ってな感じのことが実現できるように・・・
それも自由に回転数を設定できるようにしようとしているわけです。

まだまだ完成までには時間が掛かりそうですが・・・
taroの今のスキルにもう少し何か足せば・・・出来るのではないかと思ってますので、夏前までには実現させたいですね(^^)

以上、今回はここまで[exclamation×2]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

オートストップのストップ条件を追加(実験中)(^^) [オートストップ]

最近、冬のような寒さでしたが、昨日は久々に暖かかったです(^^)

外回りの仕事もこういう気候だと少しは気分的にも楽です[晴れ]


そういえば、ここ最近多くの方からスキャルピングルーレット無料請求の申し込みをいただいております。

MBR3Dのリリースを目前ということもあって、ついでにオートログも試してみようかなぁ~って方が増えているのかもしれません^^;

toruさんのところの無料請求もありますから、両方合わせたらかなりの方がオートログの体験版を試されていることになります(^^)
開発者としては嬉しい限りです[わーい(嬉しい顔)]


バージョンアップしたオートログの感想も結構いただいていて、お褒めの言葉をいただくたびに、次はどんなバージョンアップをしようか!とほんとテンションが上がります\(^o^)/

特に、オートログを使われてご自身で編み出した手法で少しづつ利益が出ているなど、嬉しい報告があったりすると、もうその日は夜遅くまで新機能の実装に試行錯誤してしまいます(^^)

ほんと単純ですが、わが子のように育ててきたプログラムが褒められるのって・・・
メーカーの開発部門の人ってこんな気持ちなんでしょうかね(^^)

お金では買えない満足・・・確かにそういうのもあるんだなぁ~って思いますね。


話はかわりまして・・・

先日の記事でも書きましたが、ゴールデンウィーク前にバージョンアップが出来るように、現在、色々と試作プログラムを作って、日々トライ&エラーを繰り返しています^^;

外回りの合間にカフェ・・・・といってもマクドですが・・・で仕事以上に真剣にテストプログラムの作成を頑張ってました^^;

仕事せぇや(-_-#)!

というツッコミが聞こえてきますが、もちろんスルーです(^O^)

だってこっちの方がおもろいねんもん!


コンピュータのプログラム言語は・・・オッさんにはハードルの高いことばかり要求してきますが・・・
それでも、さすがにもう1年も同じ言語を勉強していますし、コツコツと出来ることを積み重ねていけば、色々と出来ることも増えてきます。

今現在、オートストップのストップ条件は「当たった数字(出目)の回転数」だけです。

しかし・・・皆さんが検証している手法は、なにも当たった数字だけではないでしょう。

当たっていない数字についても、想定する回転数になった時点で止められている方もいると思います。

そんなわけで、今回の改良で「当たってない数字(出目)の回転数」もストップ条件に追加することにしました\(^o^)/

頭で考えて手動でする分には、そんな難しくないことでも、いざプログラムコードにしようとすると・・・
これがまた難解[あせあせ(飛び散る汗)]

その部分の条件分岐のコードは書けても、それを全体に繋げるにはどうするのか・・・という、まぁtaroの頭があまり柔らかくないのもあって、この辺りはかなり苦労しています。
そういうわけで、今回はその処理をするために自作関数というものに挑戦しています。

オートログで使う様々な処理を、それぞれ関数にして、使う時に呼び出して、変数をブッ込んで、処理!
という感じです。

ほとんどのプログラム言語で、この自作関数というか・・・一つ一つの処理をブロック単位にする方法があるのですが・・・
正直オッさんの頭では、なかなか理解が出来なくて後回しにしていました。
※使ってない人はほとんどいないであろうスタンダードな手法なのですが、オッさんにはハードル高けぇのよ!!

しかし、ここ最近の新機能の追加で、どんどんコードが長くなり、スパゲッチーなプログラムになってきたので、これを機会・・・というか、これしないともう無理[たらーっ(汗)]


そんなわけで、こんな感じで出来ました\(^o^)/
試作だけど^^;


ちょっと長い退屈な動画かもしれませんが・・・
3分ちょっとのところで設定回転数で止まります。

今回の動画は100回転で止まってます。
当たりの出目でなくても、どれかの数字が100になったら止まるようになってます(^^)

今回はオートストップのストップ条件を設定する時にこんなのを追加してます↓

image_autostop_modeselect_easystopbtn20150412-2.png

当たったら・・・の条件だと、今まで通り、設定回転数以上で当たりが出たら止まります。

当たらなくても・・・の条件だと、設定回転数になったら当たってなくても止まります。


これはオートストップモードだけでなく、出目指定オートストップモードでも同様に設定することが出来るようにしています。



使い方としては、例えば200回転で止めて、そこからクリックモードでベットしていくような感じでしょうか。

300回転を超えるハマりは確かにありますが、それほど多くはないので、201~300回転の間を狙って・・・というような使い方が・・・まぁ皆さんもすぐに思いつかれると思いますが・・・

あとは・・・
他のオートストップとの組み合わせで、色々と出来ることが増えてくると・・・と思いますが、どうでしょうか(^^)


とりあえず、バージョンアップ版の叩き台は出来たので、ゴールデンウィーク頃には予定通りリリース出来そうです(^^)

以上、今回はここまで[exclamation×2]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
オートストップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。