So-net無料ブログ作成
スキャルピング・ルーレット ブログトップ

オートログの件について今一度ご案内です(≧▽≦) [スキャルピング・ルーレット]

2015年の年初め。
taroは年末年始を含めてほとんど働き通しなので、なぜか今年は「新年!!」という気分が全くない残念な正月になってしまいました(~_~)

やはり年末年始ぐらいは休まないと・・・と痛感した本年のはじまりでした(^^;

でも、こうやって働いている人がいないと、お正月にお買い物したり・・・当たりまえですが、出来ないんですよね(^^;
誰かが働いてサービス提供してくれてるから、楽しめるわけで。

もちろん、そのサービスを提供してくれる方も稼ぎ時なわけなので、ボランティアでやっているわけではないのですから、特別視することはないのかもしれません。
今回は私がその立場だったので、普段はあまり意識することのない流通の裏側をちょっと意識してしまいました(^^;
世間の大多数の皆様が、家族で仲間で個人でプライベートを楽しんでいる時に働くのは精神的にもしんどいなぁ~と思った次第です。


そんなわけで、来年の正月は必ず休んでやる!と思ったのですが、12月からずっと日勤と深夜勤務を兼務していたせいで、すっかりブログが疎かになってしまっていました。

いつも見に来ていただていいる読者の皆様、メンバーの皆さんには申し訳ないことをしてしまっていて・・・お詫び申し上げますm(__)m
今年はなるべく更新頑張りますのでどうぞ、本年もよろしくお願いする次第です(^^;



こんなブログがお休みな間にも多くの方からオートログのお申込みをいただいているのですが、よく質問がきていて、

 ・どうやってオートログの体験版を申込んだら良いのか?

 ・over用と無制限版の違いって何?

 ・オートベットとオートログってどう違うの?

 ・SREAとオートログってどう違うの?

といったメールを複数いただいております。

今回は、そのあたりをまとめさせていただきたいと・・・
もうすでにオートログを使われている方には既知のこととは思いますが(^^;


ではまず、「オートログ」と「オートベット」と「SREA」の違いについて説明させていただきます。

オンカジルーレットをプレイするのに、皆さんはどのようにされているでしょうか?
適当に数字を決めて、そこにベットして運に任せるという方法もあるでしょうし、何度か同じところに賭け続けるという方法もあるでしょう。
しかし、ほとんどの場合、そのような運任せの方法では、あっという間にスッカラカンになってしまいます。

そこで運任せではなく、ルーレットの出目(出た数字)の傾向を検証して、何かパターンが無いか?と探るわけです。
いわゆる攻略法を探すわけですね(^^;

では、そのルーレットの出目をずっと手動で・・・
つまりは

 スピンボタンをクリック
   ↓
 ノートに手書きで記録
   ↓
 スピンボタンをクリック
   ↓
 ノートに手書きで記録
   ↓
 スピンボタンをクリック
   ↓
 ノートに手書きで記録
   ↓
 スピンボタンをクリック
   ↓
 ノートに手書きで記録
   ↓
 スピンボタンをクリック
   ↓
 ノートに手書きで記録
   ・
   ・
 繰り返し

という作業をしないとなりません。
しかし、これだと、後でデータを分析する時に、エクセルなどの便利な表計算ソフトを使っての分析が出来ません。
便利な・・・というのは、この数字は1000回スピンボタンをクリックして何回出ているの?
といったことを簡単に調べることが出来る・・・ということです。


それではエクセルに直接入力していけば?ということになると・・・

 スピンボタンをクリック
   ↓
 エクセルを選択
   ↓
 出目を入力
   ↓
 ルーレットの画面を選択
   ↓
 スピンボタンをクリック
   ↓
 エクセルの画面を選択
   ↓
 出目を入力
   ↓
 ルーレットの画面を選択
   ↓
 スピンボタンをクリック
   ↓
 エクセルの画面を選択

   ・
   ・
の繰り替えしとなります。

これはこれでかなり大変な作業です。
しかし、以前はずっとこの方法で出目の検証をしていました。
スキャルピング・ルーレットの考案者であるtoruさんはエクセルではなく、手書きでずっと検証されてスキャルピング・ルーレットを考え付かれたのですから・・・この方法でも検証できないことはありません。

しかし、この作業は大変・・・いや~本当に大変です。
1000回ぐらいならまぁ・・・何とか・・・
しかし4000回、6000回となってくると、もう目はショボショボしますし、肩は凝るしで大変なことになります。
この作業を何度も繰り返すわけなので、冗談抜きで腱鞘炎になります(>_<)

そこでこの検証作業を楽にやりたい・・・出来ないかな?と考えたのが
エクセルに自動でルーレットの出目を入力してくれるプログラムです。

これをオートログ(オート・・・自動、ログ・・・記録)と呼んでいます。

で・・・そんな便利なものが都合よくネットに転がっているわけでもなく・・・
無ければ作ってしまえ!というわけで、taroが自分で作ってしまったわけです(^^;

画面はこんな感じです(^-^)↓
image_autolog_play_777_20150119.png

ド素人のオッサンが、本当に一からプログラムの勉強をして作ったものなので、市販品のような綺麗な整った画面ではありません。
基本エクセルの画面と、ちょっとしたメニューが出るだけですしね(^^;
しかし、記録するという一点においては実用的に出来ていると自負しております。

taroのオートログプログラムを作動させると
オートモード、クリックモードなどのモード選択が出来ます。

image_autolog_automode_bottom.png

オートモードを使うと、ハンズフリーで出目をエクセルに記録してくれます。 ただひたすら記録です。

動画で見ると、こんな感じで動きます。
ひたすら記録(≧▽≦)↓




ではベットをしたい!と思った時にどうするかというと・・・
クリックモードというものを用意しています。

オートモード中に右クリックをすると・・・
先ほどのモード選択画面のウインドウが開くので、そこで「クリックモード」をクリックします。

そうすると・・・

下の画像のような、スピンの「OK」ボタンをクリックする度に
エクセルに記録してくれる、半自動の記録モードになります。

image_autolog_clickmode1.png

 例えば「12」の数字にベットしたい(賭けたい)時は、
 クリックモードに切り替えて、「12」に自身で決めた金額をベットします。
   ↓
 「OK」をクリック
   ↓
 自動でエクセルに出目を記録
   ↓
 再度ベットする場合は決めた数字にベット
   ↓
 「OK」をクリック
   ↓
 の繰り返しで、ベットしながらの記録も可能です。

実際にクリックモードでベットしている様子の動画です(≧▽≦)



実際に「12」にベットしているのが分かりますでしょうか?
ベットする時はこんな感じで操作します。
ちゃんと記録も出来てますよね(^^;



そして、専用の出目記録用のエクセル表(出目記録表)には各数字がどれぐらいの間隔で出現している(当たりが出ている)かが表示されるようにしています。

そして、数字別間隔表という、その名の通り数字別に各出目の間隔が一目でわかるようにした表も装備しています。
モード選択の「数字別間隔表」をクリックすると表示されます(^-^)

image_autolog_sujibetumode1.png

下記が専用のExcel表に記録された数字別間隔表の記録例です。
0~36までの数字の出目間隔が記録されていきます(^-^)

image_autolog_sujibetumode2.png

toruさんがSREA誕生の発端になったと仰ってくださっている表ですね。
taroはこの表の製作者にも関わらず、SREAもHRPも思い浮かびませんでしたが・・・
経験の量も、閃きの力も、toruさんには全くかなわないので(^^;

以上がオートログの概要です。


ではオートベットはどうなのか?

ということになりますが、こちらも読んで字のごとく・・・

オートベット(オート・・・自動、ベット・・・賭ける)してくれるプログラムです。

オートログとの最大の違いは
記録のみならず、自動でベットもしてくれるということです。

プログラム上で設定したベット方法でひたすら条件が揃うまで、自動でプレイしてくれます。
ただ、プログラム以外の方法ではベットしてくれないので、実現したいベット方法の数だけプログラムを作成しないといけません。

taroは試験的にオートベットプログラムを作成しておりますが、こちらは市販していません。
とはいえ、動画でもなければオートベットもイメージしにくいと思いますので、以前にアップしたオートベットの動画を再度あげておきます(^-^)

こんな感じで自動でベットしてくれてます(≧▽≦)



オートベットを販売していない理由は・・・

満足できる出来ではない・・・というのと、SREAの存在があります。


そう、ここで出てくるのがSREAです。

SREAは「スキャルピング・ルーレット・エキスパート・アドバイザー」の頭文字からとって名付けられた、toruさんがリリースした自動カジノプレイプログラムです。

現時点で最高のオートベットプログラムと言って良いでしょう。

toruさんが考案されたルーレット攻略手法である「スキャルピング・ルーレット」「over(オーバー)」「Sirius(シリウス)」「HRP(ハイローラープロ)」の一番勝率の良いところを抽出して編み出した勝率の良いベット手法です。

ただ、大変に勝率が良いではありますが、ルーレットがギャンブルである以上・・・100%勝てるわけではありません。

それでも負けにくいのは事実で、無料モードではありますが、12月はトントンの実績でした。
儲けてないやん!
と思われると思いますが、何の戦略もなく、ただSREAを起動させていただけで、この実績です。
元金をどれぐらいの額に設定するか?
1プレイの利益をどれぐらいに設定するのか?
などの資金管理方法を突き詰めていけば、利益は残せると手応えを感じています。

SREAという優れたオートベットプログラムがあるので、今更、スキャルピング・ルーレットをオートベット化したものを世に出しても・・・需要ないやん(^^;ということもあって、オートベットは現在満足できるものを・・・と思い鋭意作成中であります(^^;



では、オートログってどうやって手に入るの?ということですが・・・

こちらはブログ上からお申込みいただけます。

ですが、実際に自分の持っているPCでプログラムが動くのか?という心配があると思います。
実際にオートログプログラムを買った後に、プログラムが動かなかった・・・
ということがあれば、とても悲しいですから・・・

そういうわけで無料でオートログを試していただくために用意したのが体験版です。
※体験版は400回転まで記録してくれます(^-^)
 それ以上は記録しません。

スキャルピング・ルーレットの無料請求をしていただくと特典で付いてきますので、ご興味のある方はそちらからお申込みください(^-^)

なお、体験版は2種類あります。

ジパング系用のものと、ウイリアムヒル用のものです。

それぞれ申し込むところが違うので、ご注意ください。

ジパング対応版の体験版オートログはこちら↓

toruさんのブログ記事
「オンラインカジノ必勝!! 「スキャルピング・ルーレット」攻略法を無料進呈します!!」(2013年12月15日の記事)
の最後の方に申込みフォームのリンクがあります。
そこからお申込みください。
特典でtaroの体験版オートログが付いてきます(^-^)

ウイリアムヒル対応版は、このブログの記事の右上のスキャルピング・ルーレット無料請求のリンクへ行っていただき、お申込みいただくと特典でウイリアムヒル対応版の体験版オートログが付いてきます。
ウイリアムヒル版の体験版オートログは下のボタンからもお申込み出来ます(^-^)

banner_srb_muryou_seikyu_tokuten_20141010_165.png

スキャルピング・ルーレットの内容自体は同じなので、いくつもスキャルピング・ルーレットが届くことになると思いますが・・・その点はご了承くださいm(__)m


次に「over用オートログ」と「SR支援用オートログ回転数無制限版」の違いです。

「over」はtoruさんが編み出したスキャルピング・ルーレットの進化版です。
※overはSRAPの中に入っている手法の一つです。SRAPについてはこちらをご覧ください。

SRAPについての記事(2014年7月6日の記事)

over用オートログには、基本はSR支援用オートログなのですが、それにプラスしてoverをプレイする上でとても便利なサイン表示やベット金額の計算機能がついています。

overの手法は有料情報になるので詳しくは書けませんが・・・
スキャルピング・ルーレットよりも「少額投資」で「堅実」に稼ぐことが出来る手法です。
ただ、堅実な分、かなりベット方法は複雑です。
手動でプレイするとどうしても長時間プレイになりがちですが・・・
over用オートログを使えば、普段の何倍も速く快適にプレイすることが出来るでしょう(^-^)

それでover用オートログは、その機能の中にoverのロジックを取り込んでいるので、SR倶楽部メンバー以外にお売りすることが出来ません。
もしかしたら、そこが最大の違いかも・・・


で・・・最後にtaroが作ったオートログの販売価格、入手方法を紹介をしておきます。

まずはSR倶楽部メンバー以外でも買える「SR支援用オートログ回転数無制限版」です。
※SR倶楽部メンバー・・・SRAPを購入されている方のこと

 ジパング用が 3240円 or 32ドル

 ウイリアムヒル用が 2160円 or 21ドル

→ SR支援用オートログ回転数無制限版(ジパング用)申込みフォーム ←

→ SR支援用オートログ回転数無制限版(ウイリアムヒル用)申込みフォーム ←

それで次がSR倶楽部メンバーしか買えない「over支援用オートログ」です。
※over用はSR支援用オートログ回転数無制限版も内蔵しています(≧▽≦)

 ジパング用が 6480円 or 64ドル

 ウイリアムヒル用が 4320円 or 43ドル

→ over支援用オートログ(ジパング用)申込みフォーム ←

→ over支援用オートログ(ウイリアムヒル用)申込みフォーム ←

SR倶楽部メンバーで、すでにSR支援用オートログ回転数無制限版を持っている方は・・・
下記の価格で購入出来ます(^-^)

 ジパング用が 3240円 or 32ドル

 ウイリアムヒル用が 2160円 or 21ドル

それから上記オートログはエクセル版とLibreOffice版の2つがあります。
それぞれ別々で販売しております。(価格は同じです)


それで、お支払方法ですが・・・

 銀行振込(楽天銀行) ・・・ 日本円でのお支払

 ネッテラー個人間送金 ・・・ ドルでのお支払

の2種類をご用意しております。

ちなみにネッテラー個人間送金ですが、ネッテラーを使っている人なら、登録しているメールアドレス宛に送るだけの簡単手続で、カジノで儲けたお金を銀行に移動させたり・・・という手間がなく、最近は3割近くの方がこちらのお支払方法を選択されています。
土日も関係ないですしね(^^;

ただ、最近は円安傾向なので、ちょっと円に比べる若干お高いかもしれません(^^;

まぁ32ドルぐらいの価値はあると自負しております(^^;


それで、どんなパソコンでも出来るのか・・・というとそうではなく・・・
 OSは Windows7、Windows8 および 8.1 で動作確認をしています。
 (WindowsXP、Vistaでの動作確認は行っていませんが、動作するようです)
※ Mac OSでは動作しません!

それから表計算ソフト・・・ Excel2007以降、またはLibreOfficeがインストールされていることが条件です。
※ Kingsoft製の互換エクセルや、Excel2003以前のものでは正常に動作いたしません。

PCのスペックについてはCore2duoのノートパソコンでも動くので、よほど古いパソコンでなければ動くと思われます。


・・・と、最後は宣伝になってしまいましたが・・・
オートログ、オートベット、SREAの違い、オートログの入手方法については以上です。
興味を持たれた方は、まずは体験版を試していただいて・・・が良いかと思います(≧▽≦)



そうそう、今年の目標ですが、taro独自の新手法と、自作オートベットを組み合わせたものを完成させたいと思っています。
SREAは確かに凄いですが・・・やっぱり自分でも何か見つけたいじゃないですか!!

以上、今回はここまで[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

スキャルピング・ルーレット ルーレット攻略の切り札 [スキャルピング・ルーレット]

このブログのサブタイトルにもあるように

  「オンラインカジノ」で10000ドル稼ぐ!

という目標は、スキャルピング・ルーレットというルーレット攻略法に出会ったからです[わーい(嬉しい顔)]

前の記事でも何度も書いていますが、
この手法はso-netブログで「ルーレット兄貴の「ミ」になるオンカジDREAMER!」を掲載されているtoruさんが独自に編み出したルーレット攻略法です。

そこらの「大数の法則」だけを根拠とした20ハマリ程度で資金を全部失ってしまうような攻略法ではないです。
ルーレット盤の数字の出現率を分析し、ランダムに出てくる数字を予測する明確なロジックの存在する究極のベット戦略なのです。

自分で書いていて胡散臭い紹介文だなぁ~と思ってしまいますが、とても利にかなった手法だと思います。


ちなみにこのスキャルピング・ルーレットという言葉は発案者のtoruさんが付けた造語です。
FXトレードの手法でスキャルピングというものがあります。
「スキャルピング」の言葉の意味は、アメリカインディアンが行っていた ”頭の皮を薄く剥ぐ” という意味で、スカル(頭蓋骨)からきた言葉で、市場から薄い利益を剥ぎ取ることをイメージしたものだそうです。(ちょっと怖い由来ですね^^;)
相場は一定期間一定方向に動く習性があり、トレードの手法として、「一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろう」というのがスキャルピングです。

このスキャルピングの手法をルーレットにも当てはめたのがスキャルピング・ルーレットというわけです。

ルーレットに絶対に勝てる手法などありません。
しかし、この手法は勝てる確率を物凄く上げてくれます[わーい(嬉しい顔)]

それではスキャルピング・ルーレットについて説明しますね
(以下の説明は作成者であるtoruさんの許可を得て、ブログの説明文をほとんど抜粋させていただいてます。)

----------------------------------------------------------------------

【スキャルピング・ルーレットとは?】

FXのトレード手法の1つ「スキャルピング」(数銭から数十銭というわずかな利幅を狙って、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる投資手法)からきています。当攻略法の場合、1回あたり約10円~1600円の利益を短時間で積み重ねていきます。

【プレイするカジノは?】

プレイテック系のヨーロピアンルーレットで、0.1ドル(10セント)からのベットが可能なカジノで有効です。代表的なところでは、ジパングカジノ、ラッキーベイビーカジノ(777baby)などです。

【予算・バンクロールは?

最少で31.7ドル、最大で656.7~898.2ドルです。これは「スキャルピング・ルーレット」の、どの部分を使用するかによって異なりますが、推奨は400ドル以上が理想です。

【どこにベットするの?】

1つの数字を決めてその数字の上にベット(ストレートアップ)します。配当はルーレット最高の36倍ですね。1ドルを置いていれば36ドルになります。そんなんで当たるの?と思われるかもしれませんが、ストレートアップを極めた手法が「スキャルピング・ルーレット」です。


それでは手法の具体的な説明に入ります。


『スキャルピング・ルーレット手法』

先ほど、「1つの数字を決めてその数字にベットする」と言いましたが、よく言われる確率論でいえば1つの数字が出る確率は、1/37ですね。ただ、赤黒でもそうであるように(赤黒の場合、0を除けば1/2の確率ですが実際の出目は片方が10数回連続することも多い)よって、1つの数字の出る確率も37回に1回と都合良くは出てくれません。

”良く出る数字” と ”ハマッている数字” があり、良く出ている数字でもやがて出なくなり、またその逆のパターンもあり、これらがランダムに組み合わさっているわけです。

では、この数字の出方には何か法則性はあるのでしょうか?


「ルーレットは独立事象の為、次の出目に前の出目は関係ない」とよく言われますが、その反面、確率は収束していく「大数の法則」というものもあります。


では、1つ実験をしてみたいと思います。

ジパングカジノのヨーロピアンルーレットで、1つ数字を適当に決めます。ここでは仮に「28」としましょう。 

※通常プレイする場合でもそうですが、短時間でサクサク稼ぐ為、ゲーム画面の「オプション」→「速いプレー」を選択します。

次にベットをせずに、決めた数字の「28」が何回転目に出たかを記録していきたいと思います。

※カウンター(100円ショップ等で売っている)があると便利ですので、実際にプレイされる場合は揃えて下さい。


では記録していきます。決めた数字が出たらカウンターを「0000」にリセットして再度カウントしていきます。

19-72-23-87-22-20-41-49-9-2-14-7-3-16-4-24-21-54-2-46-2-44-12-3-54-1-88-7-21-62-16-7-13-2-24-33-6-17-31-21-32-15-75-47-59-7-141-38-3-127-42-5-52-15-21-58-20-6-9-42-51

有料プレイ(リアル)で約30分回してみたら上記のような結果になりました。見方はわかりますよね。最初が19回転目に出て次は72回転、その次は23回転目に、決めた数字の「28」が出たということになります。一番深いところで141回転というのがありますね。


それでは、次の「スキャルピング・ルーレットベット表」を見て下さい。

左から「回転数」「ベット金額」「利益」「トータルベット額」となっています。回転数のところを見てもらうとわかりますが、追い上げが1~200回まで可能であることが理解して頂けると思います。

スキャルピング・ルーレットベット表

srb_bethyou.png


簡単に説明すると、0.1ドル(10セント)からベットを開始し、0.1ドル×35回、0.2ドル×18回、0.3ドル×12回という具合に賭けていきます。途中で当たれば最初の1回目に戻ります。この繰り返しとなります。

このベット表で先ほどの「28」の数字が出た回転数「19-72-23-87-22-20-41・・・」のところがそれぞれの利益になります。今回の場合ですと、合計61回の勝ちで総額148.5ドルの利益(日本円で約15000円)となります。

1回あたりの利幅は薄いのですが、速いプレーモードでサクサク進むので、わずか30分でもこのくらいの利益は見込めます。


いかがですか?なんとなく雰囲気が掴めたでしょうか?


でも、問題がありますね・・・


そうです。200回以上のハマリに出くわしたらアウトです。

ジパング系のヨーロピアンルーレットの場合、ベット幅が0.1ドル~25ドルなのでこれ以上の追い上げは無理です。(スプリットベットを組み合わせれば最大250回+αは可能ですが、資金4000ドル以上とリスクが大きすぎるので現実的ではありません)

それともう1つ。先ほどは適当に決めた数字で、しかも運良く全てが200回以内に出てますが、「適当に決めていきなり200回以上出なかった」ではシャレになりませんよね。

200回以上のハマリは普通にあります。

そこで "キモ"となるのが、200回以上のハマリを回避する方法とベットする数字の選び方になるのですが・・・

----------------------------------------------------------------------

この記事以降の情報は、無料情報のスキャルピング・ルーレットの説明文(PDFファイル)の中にあります。

このスキャルピングルーレットに関しては、無料で公開されています。
so-netブログから申し込むとPDFファイルで送ってくださいます。
有料にしないのがおかしい程の内容ですよ。

ですが少し待ってください。
このスキャルピング・ルーレットは最初に出目の記録(出た数字の記録のことです)をしなければなりません。
toruさんは手書きでの方法を解説をしてくださっているのですが、手書きのためデータを他に転用することができずスキャルピング・ルーレットのためだけのデータになってしまいます。
それでは勿体ないです。

そこで、スキャルピング・ルーレット支援用の集計用エクセルファイルを作ってみました。
私のブログから申し込んでいただいた方には無料でプレゼントさせていただきます。
※2014年7月1日より「SR支援用エクセル」は標準装備となりました(^^)
  同日よりtaro特製特典は「SR支援用オートログ」に変更となりました\(^o^)/

無料情報に「ベットする数字の見つけ方」があるのですが、このエクセルファイルではそのお手伝いができるような表があります[わーい(嬉しい顔)]
更に、このエクセルファイルは数字を入力していくと、出目の記録だけでなく
「赤・黒」 「偶数・奇数」 「LOW・HIGH」 「ダズン」 「コラム」 「ルーレット盤を2分割」 「ルーレット盤を3分割」 「ルーレット盤を4分割」 「各数字の出現間隔」
などの状態も一目で分かるようにしています。

このエクセルデータを見ながら、自分なりの攻略法を編み出すことも出来ると思います。

スキャルピング・ルーレットには及びませんが、私も記録データから自分なりに考え、それなりの勝率を出せる手法を考え出せました。
皆さんにも是非とも活用していただいて、オンラインカジノに預けてしまった莫大な預金^^;を引き出す手助けになれば・・・と思っています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

bottom_muryou_seikyu_tokuten_tuki.png



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
スキャルピング・ルーレット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。